よく使う製品が故障してしまった場合は、交換や修理をしよう

住宅の設備は定期的にメンテナンスを

方法について知る

畳替えをするといくらぐらいかかるのか

畳替えをするといってもいろいろな方法があります。 表替え 畳上部(表面)部分を変える 裏がえし 畳上部(表面)部分を裏がえす 畳本体全部を変える 値段といっても畳屋さんでそれぞれ金額が違うので畳替えの相場らしきものはないとおもいます。あえて言えば新畳を購入するとすれば最低9000円以上ではないでしょうか。畳屋さんによっては6畳1パック料金で設定なっさっている業者さんもいます。リフオーム業者さんに頼むよりも畳屋さんに直接注文したほうがやすくなります。 表替え、裏返しとなるとこれも畳屋さんと相談ということですね。決して安くない買い物ですから畳替えのときはじっくりと畳屋さんと話し合って決められたらよいかとおもいます。

畳の価格はどうやって決まるのか

畳は大きく分けて畳表と畳床と縁の複合体です。価格はこの素材の組み合わせによって変わってきます。 まず畳表、これは材料であるイグサの長さと重量で大きく価格に差がでます。国産畳表は八代表(熊本)や備後表(広島)などが有名です。最近はイグサ農家が品質向上と生産者表記をしています。 中国産畳表 やっぱりこれは国産より安いです。科学表.工業表もあります。 畳床についてはやっぱり国産稲ワラ床が一番高いものです。畳縁についてはメーカー品がおおいです。 畳に関してはオール国産品の畳が一番高価なもののようですね また畳屋さんによっても多少値段は違うようです大規模畳店では畳新調に向いた畳製造フルラインで仕事をしているのでその分、新調畳は若干安くなる傾向があります。たまには畳替えをして気分もかえてみましょう。